水の主成分

水には様々な成分があります。
ただ単に無味無臭で、なにも栄養素がないわけでもありません。
特に人間に必要なミネラルをとることは重要な事です。

水の主成分について述べます。
水にはカルシウム、マグネシウムなどの多くの成分が含まれます。
人間の大部分が水で出来ていますので、今、どんな水をとっていくか、
取り入れていくかはとても重要な時代になってきています。

具体的に、水の成分で含まれているものは、
マグネシウム、バナジウム、亜鉛、カリウム、カルシウム、ナトリウム、亜鉛、
有機ゲルマニウムなどがあります。
この中でも一部の成分を取り上げて説明しましょう。
四大ミネラルとはマグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムです。

マグネシウムは骨や歯を作るために必要な栄養素です。
成人では20g~28g程度含有しています。
骨に50~60%含まれているマグネシウムは、血圧の維持などの働きに利用されます。

骨に体の大部分のカルシウムがあります。
骨が貯蔵庫代わりというは、ある程度は知っている人が多いです。

カリウムには血液中の塩分と結合し、排泄する能力があるので、臭くなければ特に問題はないです。
他にこのカリウムの性質として、血圧を下げたりするなどの効果をもっています。

ナトリウムの機能は下記の通りです。
体の中の細胞の中ではカリウムがあって、細胞の外はナトリウムが存在しています。
一定のバランスを保っていますが細胞の中にに多くのナトリウムが入ってくると、
ナトリウムポンプという細胞の外からカリウムを取り込んだり、排出したりする機能があります。
血圧維持をするはたらきや、筋肉の収縮のはたらきもあります。

亜鉛の機能は次の通りです。
タンパク質の合成に非常に深くかかわりがあります。
また、新陳代謝を活発にするための多くの種類の酵素の原料となります。
細胞が新しくなるため、老化を防ぐためには必要なものであります。

有機ゲルマニウムの機能は次の通りです。
体の中で、人間の病原体に関する抵抗力の向上を助けます。
体の調子を整える、病気になりにくくする効果がひいては、がんにならないような予防効果もあります。