硬水と軟水

水にも硬水と軟水があります。
マグネシウムとカルシウムの量で分けられていますが、
やわらかい口当たりということも含めてもやはり日本人には軟水が合っています。

水には硬水と軟水に分けられています。
硬度の違いで分けられています。
カルシウムとマグネシウムが水の中に含まれている量によって分類されているのです。

水1000ml中のカルシウムとマグネシウムの含有量を数値で表したものを硬度と呼びます。
この中でもWHO(世界保健機関)の基準と、一般的な基準と二通りがあります。

WHO(世界保健機関)の基準ですと、硬度が120mg/L以下の水を軟水といいます。
120mg/L以上の水を硬水といいます。
カルシウムとマグネシウムが多ければ多いほどより硬水といえるわけです。
カルシウムとマグネシウムが多いほど、『硬い水』、
カルシウムとマグネシウムの量がそうでもないほど、『軟らかい水』といわれます。
日本の水は基本的に軟水だと思っても、ほとんど間違いではないでしょう。
ヨーロッパなど海外の水は硬水であるケースが多いです。

ではそれぞれの良い所と、悪い所を見てみましょう。
まず軟水の良い所ですが、どちらかというと硬水よりも
カルシウムとマグネシウムの成分が少ないため無味無臭という表現が少しできます。
ですので、繊細な日本の料理、和食を作るにはとても適したものになっています。
お風呂や、洗濯も軟水が合うと言われています。
口当たりも硬水より優しい感じがします。

軟水の悪い所ですが、ほとんど欠点が見当たりません。

硬水の良い所ですが、ミネラルなので、夏場の水分補給がしやすいものです。
どちらかというと脱水症状に近い状態のときには吸収しやすいものとなっています。

硬水の悪い所はこれを飲むことによって、お腹が緩くなる、お腹がくだしやすくなります。
日本人は特に海外旅行などで、現地の硬水を飲むとあまり良くないと言われるのはこういった事情もあります。

そういうお腹が緩くなるという理由だけではなく口当たりがまろやか、
柔らかく飲みやすいということもあって、やはり日本人には、軟水の方が人気があります。
水自体は基本的には味というものはありませんが、
やはり軟水の方が主張しすぎない味というものですから、コーヒーや紅茶を飲むには適しています。